コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラモン・イ・カハル Santiago Ramón y Cajal

世界大百科事典 第2版の解説

ラモン・イ・カハル【Santiago Ramón y Cajal】

1852‐1934
スペインの神経解剖組織学者。サラゴサ大学で医学を学び,同大学で解剖学・組織学の研究を始め,1877年には教授となった。その後,バレンシア大学,バルセロナ大学,マドリード大学の教授を歴任し,組織学のいわゆるスペイン学派をつくりあげた。彼は,イタリアのC.ゴルジが開発した脳組織の染色法,いわゆるゴルジ法に感動し,それを用いて鳥と哺乳類の小脳の研究を進めているうちに,神経細胞間の連絡の相互作用は,ゴルジらによっていわれていたような吻合(ふんごう)ではなく,接触であり,神経は,互いに接触している独立した細胞(ニューロン=神経単位)によって成立しているという説を提唱した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラモン・イ・カハルの関連キーワードJ.M.R. デルガド雪崩の法則デルガド5月1日カハル

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android