コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラモン・イ・カハル Santiago Ramón y Cajal

1件 の用語解説(ラモン・イ・カハルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラモン・イ・カハル【Santiago Ramón y Cajal】

1852‐1934
スペインの神経解剖組織学者。サラゴサ大学で医学を学び,同大学で解剖学・組織学の研究を始め,1877年には教授となった。その後,バレンシア大学,バルセロナ大学マドリード大学の教授を歴任し,組織学のいわゆるスペイン学派をつくりあげた。彼は,イタリアのC.ゴルジが開発した脳組織の染色法,いわゆるゴルジ法に感動し,それを用いて鳥と哺乳類の小脳の研究を進めているうちに,神経細胞間の連絡の相互作用は,ゴルジらによっていわれていたような吻合(ふんごう)ではなく,接触であり,神経は,互いに接触している独立した細胞(ニューロン神経単位)によって成立しているという説を提唱した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラモン・イ・カハルの関連キーワードゴルジ組曲「スペイン」12のスペイン舞曲スペイン奇想曲スペイン組曲スペインの歌スペインの財宝船スペインの庭の夜スペイン舞曲集佐野豊

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone