コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ララ州 ララLara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ララ〔州〕
ララ
Lara

ベネズエラ北西部の州。州都バルキシメトメリダ山脈の北東に続くセゴビア高地にある。しばしば干魃に見舞われる乾燥地域で,農業は山地の河谷と段丘にかぎられるが,古くから農業が主産業となっている。カカオ,トウモロコシ,ジャガイモ,タバコなどの自給用の作物のほか,サイザルアサ,コーヒーなどの換金作物の栽培が盛ん。特にサイザルアサはベネズエラの生産量の大半を生産,これを用いたバッグ,袋類,紐類などの製造も重要産業となっている。北部ではヤギ,カロラを中心とした西部ではウシの飼育が盛ん。道路網は比較的よく発達し,州中央部をパンアメリカン・ハイウェーが通る。面積 1万9800km2。人口 179万5069(2007推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ララ州の関連キーワードE.M.S. ナンブーディリーパッドトラバンコール・コーチンナンブーディリーパッドマッタンチェリー宮殿ティルバナンタプラムパラデシシナゴーグプーテンマリガ宮殿マッタンチェリー聖フランシス教会サンタクルス聖堂サンタ・クララウィリンドン島エルナークラムモヒニアッタムフォートコーチトリバンドラムクディヤッタムパールガート谷マラヤーラム語カニカール族

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android