ララ州(読み)ララ(英語表記)Lara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ララ〔州〕
ララ
Lara

ベネズエラ北西部の州。州都バルキシメトメリダ山脈の北東に続くセゴビア高地にある。しばしば干魃に見舞われる乾燥地域で,農業は山地の河谷と段丘にかぎられるが,古くから農業が主産業となっている。カカオ,トウモロコシ,ジャガイモ,タバコなどの自給用の作物のほか,サイザルアサ,コーヒーなどの換金作物の栽培が盛ん。特にサイザルアサはベネズエラの生産量の大半を生産,これを用いたバッグ,袋類,紐類などの製造も重要産業となっている。北部ではヤギ,カロラを中心とした西部ではウシの飼育が盛ん。道路網は比較的よく発達し,州中央部をパンアメリカン・ハイウェーが通る。面積 1万9800km2。人口 179万5069(2007推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ララ州の関連情報