コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

段丘 だんきゅう terrace

翻訳|terrace

6件 の用語解説(段丘の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

段丘
だんきゅう
terrace

表面が平坦で,周囲が急斜面や急崖で限られた段状の地形。海岸段丘河岸段丘湖岸段丘などに分けられる。また厚い堆積物から成るものを堆積段丘,段丘面が浸食面であるものを浸食段丘と呼ぶ。さらに構成物の差から砂礫段丘岩石段丘,成因から気候段丘,構造段丘,火山段丘などにも分類される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だん‐きゅう〔‐キウ〕【段丘】

河岸や海岸または湖岸に沿って平坦面と急崖(きゅうがい)が階段状に配列している地形。土地の相対的隆起を示すものと考えられ、成因や分布から、河岸段丘海岸段丘などに区分する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

段丘【だんきゅう】

川,海岸,湖岸に沿う階段状の地形。平坦部を段丘面,急斜部を段丘崖という。一段ではなく数段の高度を異にする段丘をみることがある。河岸段丘海岸段丘湖岸段丘などに区分される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

だんきゅう【段丘 terrace】

河川,海,湖に沿って,あるいは谷筋に沿って分布する階段上の地形。ほぼ水平で平たんな地表面(段丘面)とその前方あるいは背後の急傾斜な崖(段丘崖)からなる。〈台地〉とほぼ同様な地形をさすが,台地が〈低地〉に対立する語として用いられ,その階段状の平たんな地形を構成する地層や地質のいかんによらないのに対して,段丘は過去の水面(河川,海,湖など)に関連して水中で形成された平たん面がその後に離水した地形をさし,河岸段丘海岸段丘,湖岸段丘lacustrine terraceなどに区分される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だんきゅう【段丘】

海岸や河岸にみられる階段状の地形。海岸段丘・河岸段丘など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

段丘
だんきゅう

川、湖、海などに面して、急崖(きゅうがい)とその上の平坦(へいたん)面からなる階段状の地形。平坦面は段丘面、崖(がけ)は段丘崖とよばれる。段丘面はかつての河成平野、湖岸平野、海岸平野などのような低地の一部なので、その構成物質(段丘堆積(たいせき)物)から、低地が形成された当時の古環境や形成時代を知ることができる。
 段丘面はその分布する場所によって、河岸段丘、湖岸段丘、海岸段丘とよばれる。段丘面の成因を重視する場合は、河成段丘、湖成段丘、海成段丘とよぶ。波による侵食によって段丘面背後の段丘崖が生じた湖成段丘や海成段丘の段丘崖の平面形は直線的である。急流の石川(礫床(れきしょう)河川)がつくった河成段丘の段丘崖の平面形も比較的直線的であるが、緩勾配(かんこうばい)の砂川(砂床河川)がつくった段丘崖は、川の蛇行(だこう)を反映して、平面的に湾曲した形状を示す。段丘には以上のもののほかに、火山砕屑物(さいせつぶつ)や溶岩などの火山噴出物あるいは崩壊、地すべり、土石流堆積物などが段丘状の地形として川沿いに残されたものがある。なお、幅広くて周囲が崖になっている段丘は台地とよばれる。
 低地が段丘化するためには、海面や湖面や河床が相対的に低下する必要がある。海面の低下は、気候変化による氷河性海水準変動(海面変化)による海面低下と陸地の隆起によって生ずる。河床低下は、下流では海面低下に伴って生ずるが、上流では隆起し続けている山地を流れる川で継続的に生じている下刻(かこく)に加えて、気候変化、火山活動、大規模な山地崩壊などによって上流山地からの砂礫供給量や流水量が変化することによって生ずる。なお、長期間にわたって残っている段丘の多くは、段丘崖の基部が強い岩石からなるために侵食から保護された段丘(岩石保護段丘)であることが多い。[池田 宏]
『太田陽子著『日本列島の海成段丘と活断層の調査から』(1999・古今書院) ▽小池一之・町田洋編『日本の海成段丘アトラス』(2001・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の段丘の言及

【海底地形】より

… 海台plateauかなりの広さを有する平たんないしはほぼ平たんな地域で,その一方またはそれ以上の方向が急に深くなっているもの。 海段terrace―bench―deep sea terrace比較的平たんで,水平または緩く傾斜する表面を有し,しばしば長くかつ狭い。一方は急な上り斜面で,他方は急な下り斜面で境されている。…

【テラス】より

…建物の庭園側正面に設けられる一段高くなった壇。石やタイルで貼られ,室内と庭園を結びつける散策のための張出しである。18世紀イギリスのピクチュアレスクの美学の理論家たちは,このテラスの役割を,建物の人工的な造型の延長物であり,庭園の自然を際だたせるものだとした。現在では建物から屋外に張り出したタイル貼りなどの部分を一般にテラスと呼ぶ。また,テラス・ハウスの略称としても用いられる。【鈴木 博之】…

【登山】より

…雪崩や岩雪崩で落ちてきてたまった雪塊や土砂をいう。 テラスterrace岩登りの中継点として利用できる岩壁の棚状になった部分。 鉈目(なため)樹木の幹に鉈の切れめを入れて道標としたもの。…

※「段丘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

段丘の関連キーワードリマン海流海道沿海伝い歩き浜側山沿い海沿い剥離性テーヴァン法則ブラジウスの流れ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

段丘の関連情報