コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラングスドルフ Langsdorf, Georg Heinrich von

2件 の用語解説(ラングスドルフの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ラングスドルフ Langsdorf, Georg Heinrich von

1773-1852 ドイツの博物学者,医師。
1773年4月18日生まれ。ロシアの世界周航調査隊にコペンハーゲンから参加し,文化元年(1804)レザノフとともに長崎に来航する。長崎で採集したコスミレの学名にその名がつけられている。1852年6月29日死去。79歳。ゲッティンゲン出身。ゲッティンゲン大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ラングスドルフ

没年:1852.6.29(1852.6.29)
生年:1773.4.18
幕末に長崎に来航したドイツ人医師,博物学者。ゲッチンゲンに生まれ,医学を修める。文化1(1804)年7月,ロシアの日本派遣使節レザーノフが,仙台領の漂流民4人を乗せて長崎に来航,通商要求をなしたが拒否された。ラングスドルフはそのときの軍艦ナデシュダ号に乗艦していたが,結局わが国への上陸は果たせなかった。

(長門谷洋治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラングスドルフの関連キーワードガーベラゲスナー西ドイツ博物学博物誌ホワイト統一ドイツ博物館島アールブルクディッセ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラングスドルフの関連情報