コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラングレー langley

翻訳|langley

デジタル大辞泉の解説

ラングレー(langley)

太陽などの放射エネルギーの強さの単位。1平方センチメートルに1分間に到達する放射量をカロリーで表したもの。地球表面では約2ラングレー。名称は、米国の物理・天文学者ラングレー(S.P.Langley[1834~1906])にちなむ。記号ly

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ラングレー

日産自動車が1980年から1990年まで製造、販売していた乗用車。3、5ドアハッチバックを中心とする小型車パルサーの姉妹車。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

ラングレーの関連キーワードヒル(Archibald Vivian Hill)ヘス(Walter Rudolf Hess)ランニング・フォックス秘密指令アルヒバルド・ビビアン ヒルケンブリッジ(伯・公家)ワルター・ルドルフ ヘスエヴァンゲリオン弐号機パディ マクアルーンニュース・キャスターオータム・タイガーエベレストの彼方ハンプトンローズバズ オルドリンブリザードの死闘砂漠のテロリストローブ(衣服)F22ラプター衛星軌道の死闘最果ての征服者アングレーズ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラングレーの関連情報