コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランシア Landseer, Sir Edwin Henry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランシア
Landseer, Sir Edwin Henry

[生]1802.3.7. ロンドン
[没]1873.10.1. ロンドン
イギリスの動物画家。版画家,画家の家系に生れた。版画家の父から教えを受け,幼少から動物画を描いたが,1816年にロイヤル・アカデミー・スクールに入学。 B.ヘードンの指導のもとにエルギン・マーブルの模写や動物の解剖,写生を試みた。次第に人間の感情を動物に移入した戯画的な作風に移行したが,写実的な作品も制作。 31年にアカデミー会員となり,50年ナイト爵を授与された。 67年にトラファルガー広場のネルソン記念碑のための4頭のライオンの彫刻を完成。主要作品は『喪主の老シェパード』 (1837,ビクトリア・アンド・アルバート美術館) ,『蹄鉄打ち』 (44,ロンドン,テート・ギャラリー) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ランシアの関連キーワードiichiko総合文化センタールメール・ド・ベルジュアドルフォ ナタリーニカワモズク(川水雲)ビクトリア朝美術ロア・バストスルーマニア地震ピカルディ方言プレイヤッド南風 カオルパラグアイ史ボニントンフランス語ロンサールパラグアイルイ3世1月6日シアター古牧温泉コルドバ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android