ランタン・リルン山(読み)らんたんりるんさん(英語表記)Langtang Lirung

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランタン・リルン山
らんたんりるんさん
Langtang Lirung

ネパール・ヒマラヤ中央部、チベットとの国境地帯にあるランタン・ヒマール山脈の主峰。同山脈の西部に位置する。標高7245メートル。高度はそれほどでもないが、北から西へ流れるランタン・コーラ谷の北にそびえる急峻(きゅうしゅん)な山で、登頂は困難である。1949年、イギリスの登山家ティルマンが初めて登山ルートを探査し、52年にはスイスのハーゲン、54年にはオーストリアのアウフシュナイター、58年には日本の深田久弥(ふかたきゅうや)が周辺を調査した。61年、大阪市立大学隊が初めて登頂を試みたが、雪崩(なだれ)で隊長と隊員、シェルパ各1名を失った。これは日本で最初のヒマラヤにおける遭難であった。その後三度の挑戦と登山禁止を経て、78年10月24日、大阪市立大学とネパールのトリブバン大学合同隊がついに初登頂に成功した。[金子史朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android