コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深田久弥 ふかだきゅうや

7件 の用語解説(深田久弥の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

深田久弥
ふかだきゅうや

[生]1903.3.11. 石川,大聖寺
[没]1971.3.21. 山梨,茅ヶ岳
小説家。 1930年東京大学哲学科中退。在学中,福田清人らと第9次,第 10次『新思潮』を創刊,『イエスの弟子』 (1929) ,『オロッコの娘』 (30) を経て『あすならう』 (32) で認められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふかだ‐きゅうや〔‐キウや〕【深田久弥】

[1903~1971]小説家・登山家。石川の生まれ。小説「あすならう」「津軽の野づら」などを発表、清新で牧歌的な作風を示した。また、「日本百名山」など山岳随筆でも活躍。→百名山

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

深田久弥【ふかだきゅうや】

小説家,山岳紀行家。石川県生れ。東大哲学科中退。第9〜10次《新思潮》に参加,《文学》同人,小林秀雄らと《文学界》を創刊。《オロッコの娘》(1930年)で好評を得る。
→関連項目日本百名山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深田久弥 ふかだ-きゅうや

1903-1971 昭和時代の小説家,山岳紀行家。
明治36年3月11日生まれ。昭和5年「オロッコの娘」で作家生活にはいる。8年小林秀雄らと「文学界」を創刊。のちヒマラヤ研究,山岳紀行に力をそそぐ。全国各地の山にのぼり,39年「日本百名山」を刊行,百名山ブームのきっかけをつくった。昭和46年3月21日山梨県茅ケ岳(かやがたけ)登山中に急死。68歳。石川県出身。東京帝大中退。著作に「ヒマラヤの高峰」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふかだきゅうや【深田久弥】

1903‐71(明治36‐昭和46)
作家,登山家。石川県大聖寺生れ。東大哲学科在学中から《新思想》《文学》同人となり,1930年《文芸春秋》に発表した《オロッコの娘》で小説家としての地位を確立,大学は中退した。一方,小学生のときから親しんだ登山に第一高等学校在学中本格的に取り組み,第2次大戦後の58年にはジュガール・ヒマール探査,66年シルクロード学術踏査など内外を旅行し,優れた随筆紀行を著した。《日本百名山》(1964)は読売文学賞を受賞し,《ヒマラヤの高峰》は日本人のヒマラヤ登山の必読書となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふかだきゅうや【深田久弥】

1903~1971) 小説家・登山家。石川県生まれ。東大中退。小説「オロッコの娘」「あすならう」などを発表。また、内外を広く旅行し、「日本百名山」「ヒマラヤの高峰」などを著す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

深田久弥
ふかたきゅうや
(1903―1971)

作家、登山家。石川県大聖寺(だいしょうじ)町(現加賀市)に生まれる。東京帝国大学在学中の1926年(大正15)より3年間、改造社に勤務。『津軽の野づら』(1935)連作により文壇に登場、『鎌倉夫人』(1937)、『親友』(1943)、『知と愛』(1953)などを発表。一方、山岳紀行・随想に生来の個性を発揮して『わが山山』(1934)、『山岳展望』(1937)などを刊行。第二次世界大戦後は名山巡礼の山旅を続けるとともに、ヒマラヤ登山の黄金時代と相まってヒマラヤ研究に没頭し、『日本百名山』(1964)、『ヒマラヤの高峰』(1964~65)を完成した。甲州茅(かや)ヶ岳の登山中に死去。[近藤信行]
『『深田久弥・山の文学全集』全12巻(1974~75・朝日新聞社) ▽中島健蔵著『深田久弥』(『現代作家論』所収・1941・河出書房) ▽高辻謙輔著『日本百名山と深田久弥』(2004・白山書房) ▽大森久雄著『山の旅本の旅・登る歓び、読む愉しみ』(2007・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

深田久弥の関連キーワード石川県加賀市大聖寺荒町石川県加賀市大聖寺魚町石川県加賀市大聖寺地方町石川県加賀市大聖寺敷地石川県加賀市大聖寺菅生石川県加賀市大聖寺関町石川県加賀市大聖寺寺町石川県加賀市大聖寺殿町石川県加賀市大聖寺中町石川県加賀市大聖寺永町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

深田久弥の関連情報