コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランドール報告 ランドールほうこく Randall report

1件 の用語解説(ランドール報告の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランドール報告
ランドールほうこく
Randall report

1954年1月 23日アメリカの対外経済政策に関して設けられた C.ランドールを委員長とする委員会 (正式にはアメリカ対外経済政策委員会) が,大統領および議会に提出した勧告書。この勧告書は,(1) ドル不足問題から検討を進め,(2) 対外援助については,緊急事態への対処策としての役割は終ったので,再検討を行い,全体として拡大しないよう勧告し,(3) 通商上の障害をできるだけ低減して,一層自由な貿易を実現し,通貨の自由交換性の回復,アメリカ品優先購入法の緩和,互恵通商協定法の3年以上の延長,大統領関税引下げ権の拡大,農産物価格維持計画の廃止など,アメリカの通商自由化の方向を打出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ランドール報告の関連キーワードアメリカの声アメリカン亜米利加アメリカの没落アメリカの夢アメリカ アメリカアメリカの影ラテン・アメリカ経済機構新渡戸まり子宮里政玄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone