コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランメルスベルク Rammelsberg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランメルスベルク
Rammelsberg

ドイツ北部,ニーダーザクセン州ゴスラルにある旧鉱山地区。ハルツ山地北麓にあり 968年に発見されたといわれるランメルスベルク鉱山からは良質の銀,鉛,銅を産出,神聖ローマ帝国ではこの地の鉱石で貨幣をつくった。 11世紀初頭,皇帝ハインリヒ2世がこの鉱山近くに宮殿 (カイザープファルツ) を建てたことから,以後諸皇帝の居住地となり,宮殿の対岸の町ゴスラルは帝国の王都,政治・経済の中心地として発展し,13世紀ヨーロッパにおける強大な経済共同体であったハンザ同盟でも重要な地位を占めた。毛織物業組合の本部ギルドハウス (カイザーボルス) や市庁舎,民家や商館,ノイベルク聖堂,1988年の閉山まで使われ現在は博物館になっている鉱山など,15世紀を頂点とする長い繁栄の歴史を物語る建物が残されている。 1992年ゴスラルとともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ランメルスベルクの関連キーワードランメルスベルク鉱山と古都ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システムゴスラーのマルクト広場皇帝居城ゴスラー鉱層

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android