ラ・シャペル・オ・サン人(読み)らしゃぺるおさんじん(英語表記)La Chapelle-aux-Saints man

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨーロッパ旧人の代表的化石人類。フランス中部のコレーズ県、ラ・シャペル・オ・サン村の小洞穴より、ほぼ完全な形で出土。埋葬人骨で、ムスティエ文化遺物を伴う。脳容量は1620ミリリットルもあり、頭骨全体は大きく低頭で、後頭部は突出する。眼窩(がんか)上隆起は発達し、突顎(とつがく)で口蓋(こうがい)は大きい。下顎骨も頑丈で頤(おとがい)隆起はみられない。乳様突起は小さい。これらはヨーロッパのネアンデルタール人の典型的特徴であるが、この人骨の歯はほとんど脱落し、顎骨の歯槽(しそう)部の吸収が著しく、老人様である。かつてフランスの人類学者ブールは四肢骨の形態から腰や膝(ひざ)が曲がっていたと推定したが、アランブールCamille Arambourg(1885―1969)はこれは骨変型症によるものとし、現代人と同じ姿勢をとるものと考えた。

[香原志勢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android