コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーゲリ Lager'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラーゲリ
Lager'

ソビエト連邦で 1918年に創設された矯正労働収容所。普通は強制労働収容所と訳されているが,これはその実態からきたものであろう。ラーゲリがロシア文学のなかで正式に取り上げられるようになったのは,1962年にアレクサンドル・I.ソルジェニーツィンが『イワン・デニーソヴィチの一日』を発表してからである。それまでこのテーマはタブーであった。以来,多くの作家がこのテーマを扱ってきたが,1973~76年に発表されたソルジェニーツィンの『収容所群島』によって集大成された。(→強制収容所)  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ラーゲリ【lager'】

ソ連時代に政治的反対者や戦時捕虜などを収容した強制収容所。ラーゲル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ラーゲリの関連キーワードミュラー(ドイツの小説家 Herta Müller)イワン・デニソビチの一日アレクサンドロ ガーリチソルジェニツィンマクシーモフウラジーモフギンズブルグ辺見じゅんガーリチ雪どけ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android