コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーマティボディ[2世] Ramathibodi II

世界大百科事典 第2版の解説

ラーマティボディ[2世]【Ramathibodi II】

1472‐1529
タイのアユタヤ朝スワンナプーム王家第8代の王。在位1491‐1529年。トライローカナート王の子。長じて兄ボロマラーチャー3世の副王となり,大守として北タイの要衝ピッサヌロークを治めた。1491年兄の後を継いで王位につくと,しばしばチエンマイ王国に遠征して北方への勢力拡張を図り,南のマラッカに対しては宗主権を主張した。このため,1511年マラッカを占領したポルトガル人アルブケルケは,使節をアユタヤに派遣して了解を求めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のラーマティボディ[2世]の言及

【アユタヤ朝】より

…アユタヤはメナム(チャオプラヤー),ロッブリー,パーサック3河川の合流点にあって,14世紀前半にはすでに交易の中心として繁栄していた。ここに首都を定めて新王国を創始したラーマティボディ1世(在位1351‐69)の出自については諸説がある。王は北方の要衝ロッブリーに王子ラーメースエンを派遣し,また西方のスパンブリーには義兄ボロマラーチャー(パゴア)を封じて支配領域の統合をはかった。…

※「ラーマティボディ[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラーマティボディ[2世]の関連キーワードイワン3世(大帝)ボナベントゥラマヤーノ李夢陽李夢陽王陽明李夢陽タナサカシタナサカシ牛久保城

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android