リオ+20(読み)リオプラストゥエンティー

デジタル大辞泉の解説

リオ‐プラストゥエンティー【リオ+20】

《1992年にリオデジャネイロで開催された地球サミットから20年後に開かれる会議という意から》2012年にリオデジャネイロで開催された「国連持続可能な開発会議」の通称。1992年に同地で開催された国連環境開発会議(地球サミット)は、世界の環境政策に大きな影響を与えた。→持続可能な開発目標

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

リオ+20

「国連持続可能な開発会議」。「リオプラストゥエンティー」と呼ばれる。1992年にリオデジャネイロで開かれた国連環境開発会議(地球サミット)後の20年を検証し、今後10年の経済、社会、環境のあり方を話し合う会議。約120カ国の首脳級が出席し、NGO、企業関係者ら5万人が参加する。各国、国際機関、NGOなどが開くイベントも予定されている。

(2012-06-15 朝日新聞 朝刊 北九 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android