コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国連環境開発会議 コクレンカンキョウカイハツカイギ

デジタル大辞泉の解説

こくれん‐かんきょうかいはつかいぎ〔‐クワンキヤウカイハツクワイギ〕【国連環境開発会議】

地球サミット

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

国連環境開発会議【こくれんかんきょうかいはつかいぎ】

地球環境問題に人類社会が初めて取り組んだ1972年6月の国連人間環境会議(通称ストックホルム会議)から20周年を記念して,1992年6月,ブラジルリオ・デ・ジャネイロで開かれた20世紀最大規模の国連会議。
→関連項目アマゾン開発計画永続可能なオランダ・アクションプランエネルギー資源環境外交地球環境ファシリティ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくれんかんきょうかいはつかいぎ【国連環境開発会議】

地球環境問題に人類社会が初めて取り組んだ1972年6月の国連人間環境会議(通称ストックホルム会議)から20周年を記念して,1992年6月,ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開かれた20世紀最大規模の国連会議。〈地球サミット〉と通称。178の国連加盟国のうち172ヵ国が代表団を派遣,このほか民間環境保護団体(環境NGO)から約1万7000人が訪れ,展示,講演,討論,各国・各地の現状報告などに参加した。地球温暖化オゾン層の破壊,森林の減少,砂漠化,生物多様性保全の危機など,地球環境問題が国境を超えた課題であるとの認識はもちろん,先進国開発途上国の別を超えて共通に対策を講じなくてはならないという認識の深まりをうけて,以後の全世界的な具体的な取組みの再出発点となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国連環境開発会議
こくれんかんきょうかいはつかいぎ

環境と開発に関する国連会議」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国連環境開発会議
こくれんかんきょうかいはつかいぎ

1992年6月にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された、地球環境保全を課題とした国連会議。「環境と開発に関する国連会議」ともいわれる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

国連環境開発会議の関連キーワードアジア=アフリカ法律諮問委員会世界海洋観測システム地球温暖化防止条約アジェンダ21国連環境計画環境保全予算トミー コーリオ+20アマゾン川モルジブCOPペレ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国連環境開発会議の関連情報