国連環境開発会議(読み)こくれんかんきょうかいはつかいぎ

百科事典マイペディアの解説

国連環境開発会議【こくれんかんきょうかいはつかいぎ】

地球環境問題に人類社会が初めて取り組んだ1972年6月の国連人間環境会議(通称ストックホルム会議)から20周年を記念して,1992年6月,ブラジルリオ・デ・ジャネイロで開かれた20世紀最大規模の国連会議。〈地球サミット〉と通称。178の国連加盟国のうち172ヵ国が代表団を派遣,このほか民間環境保護団体(環境NGO)から約1万7000人が訪れ,展示,講演,討論,各国・各地の現状報告などに参加した。会議では地球温暖化防止条約生物多様性条約の調印,〈環境と開発に関するリオ・デ・ジャネイロ宣言〉〈森林に関する原則声明〉の採択が行われた。同会議のスローガンは〈持続可能な発展〉。また会議で採択された〈アジェンダ21〉は条約のような拘束力はないが,21世紀に向けた地球環境保全の行動計画として,会議後の各国の環境政策や開発計画に反映されている。地球温暖化防止条約第3回締約国会議は1997年12月,日本の京都で開催された。
→関連項目アマゾン開発計画永続可能なオランダ・アクションプランエネルギー資源環境外交地球環境ファシリティ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくれんかんきょうかいはつかいぎ【国連環境開発会議】

地球環境問題に人類社会が初めて取り組んだ1972年6月の国連人間環境会議(通称ストックホルム会議)から20周年を記念して,1992年6月,ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開かれた20世紀最大規模の国連会議。〈地球サミット〉と通称。178の国連加盟国のうち172ヵ国が代表団を派遣,このほか民間環境保護団体(環境NGO)から約1万7000人が訪れ,展示,講演,討論,各国・各地の現状報告などに参加した。地球温暖化,オゾン層の破壊,森林の減少,砂漠化,生物多様性の保全の危機など,地球環境問題が国境を超えた課題であるとの認識はもちろん,先進国開発途上国の別を超えて共通に対策を講じなくてはならないという認識の深まりをうけて,以後の全世界的な具体的な取組みの再出発点となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国連環境開発会議
こくれんかんきょうかいはつかいぎ

1992年6月にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された、地球環境保全を課題とした国連会議。「環境と開発に関する国連会議」ともいわれる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国連環境開発会議の関連情報