コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リオラン Jean Riolan

1件 の用語解説(リオランの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リオラン【Jean Riolan】

1577‐1657
フランスの医者。パリ大学解剖学教授。父と2代にわたり医学部長を務めた。アンリ4世ルイ13世マリー・ド・メディシスの侍医。1619‐22年に大学の解剖講堂を,27年に自然科学と医学の研究所を兼ねた王立植物園(ジャルダン・デ・プラント)を建設した。多くの解剖学上の発見は著書《解剖学業績》(1628‐29)にまとめられた。“解剖学のプリンス”とよばれたが,自説をまげない頑固さが欠点で,W.ハーベー血液循環説に強く反対した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

リオランの関連キーワード火消天荊松永久通鷹巣城七尾城中国征伐地質学幡随院長兵衛幡随院長兵衛江戸

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リオランの関連情報