コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リカータ Licata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リカータ
Licata

イタリア南西部,シチリア島南西にある港湾都市。シチリア州アグリジェント県に属する。前 281年アクラガスの僭主フィンチアスによって建設された町。前 256年この沖でローマがカルタゴ海軍を撃破し,第2次世界大戦では,連合国軍がここで上陸を開始した。周辺では野菜と穀類が栽培され,硫黄が採掘される。港からは硫黄,農産物魚類アスファルトなどを輸出。食品加工,肥料生産も行われる。人口4万 1596 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リカータの関連キーワードマテーラの洞窟住居と岩窟教会公園サンフランチェスコダッシジ教会サンタマリアディイドリス教会サンディエゴ動物園サッソカベオーゾメッツォジョルノサッソバリサーノミーアキャットマテーラ大聖堂カンパーニア州グルメンツムスリカータミアカットポテンツァスリカタベイスギルカニアマテーラメルフィ三友花

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android