コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リコメル Flavius Richomer

世界大百科事典 第2版の解説

リコメル【Flavius Richomer】

?‐393
後期ローマ帝国の将軍。異教徒のフランク人でアルボガストArbogast(ウァレンティニアヌス2世治下の実力者でエウゲニウスの擁立者)の伯父。377年グラティアヌス帝により皇帝大本営の将校団長官(コメス・ドメスティコルム)に任じられ,対西ゴート戦のためトラキアへ派遣されたのち,東方に残ってテオドシウス1世の下で軍司令官となる。内政にも発言力をもち,384年コンスル就任。388年東の最高軍司令官となり,対マクシムス戦を指揮。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

リコメルの関連キーワードテオドシウス