エウゲニウス(英語表記)Eugenius, Flavius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウゲニウス
Eugenius, Flavius

[生]?
[没]394
ローマ帝国の帝位僭称者 (392~394) 。ローマで修辞学を教え,392年フランク族の将軍アルボガストにより帝位に推戴された。異教の復興をはかったが,394年東方のテオドシウス1世によってアルボガストとともにフリギドゥス河岸の戦いに敗れ,殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エウゲニウス【Flavius Eugenius】

?‐394
ローマ帝国の簒奪帝。在位392‐394年。修辞学の教師でシンマクスの友人。ウァレンティニアヌス2世の死後,フランク人将軍アルボガストにより帝位に擁立される。自身は一応キリスト教徒であったが,テオドシウス1世の承認を得ることに失敗すると,ニコマクス・フラウィアヌスを中心とするイタリアの異教勢力と同盟したため,彼とテオドシウスの戦いは宗教戦争の様相を帯びた。394年9月イタリア北東部のフリギドゥス河畔でテオドシウス軍と会戦し,アルボガストと共に敗死した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エウゲニウス【Eugenius】

(三世)(?~1153) ローマ教皇(在位1145~1153)。イタリアのピサの人。ローマ市会と対立しローマを追われる。フランスに滞在中、第二次十字軍を計画。
(四世)(1383~1447) ローマ教皇(在位1431~1447)。イタリア人。バーゼル公会議で教皇の権威を主張したため、一時対立教皇を立てられたが、のち復権。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のエウゲニウスの言及

【ローマ】より

…前者の代表はローマ元老院議員シンマクスであり,後者の代表はミラノ司教アンブロシウスであった。392年,フランク人出身ローマ軍司令官アルボガストを後ろ盾に,ウァレンティニアヌス2世(在位375‐392)を除去してローマに蜂起したエウゲニウスの簒奪(在位392‐394)は,テオドシウスによって鎮圧された。
[西ローマ帝国とその滅亡(395‐476)]
 テオドシウスの死(395)後,帝国の東半分をその長男アルカディウス(在位383‐408)が,西半分を次男ホノリウス(在位393‐423)が分治した。…

※「エウゲニウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android