コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウゲニウス エウゲニウス Eugenius, Flavius

4件 の用語解説(エウゲニウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウゲニウス
エウゲニウス
Eugenius, Flavius

[生]?
[没]394
ローマ帝国の帝位僭称者 (392~394) 。ローマで修辞学を教え,392年フランク族の将軍アルボガストにより帝位に推戴された。異教の復興をはかったが,394年東方のテオドシウス1世によってアルボガストとともにフリギドゥス河岸の戦いに敗れ,殺された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エウゲニウス(Eugenius)

ローマ教皇の名。
(3世)[?~1153]在位1145~1153。第二次十字軍を起こした。
(4世)[1383~1447]在位1431~1447。バーゼル宗教会議と抗争してローマを追われ、退位。のち復帰。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エウゲニウス【Flavius Eugenius】

?‐394
ローマ帝国の簒奪帝。在位392‐394年。修辞学の教師でシンマクスの友人。ウァレンティニアヌス2世の死後,フランク人将軍アルボガストにより帝位に擁立される。自身は一応キリスト教徒であったが,テオドシウス1世の承認を得ることに失敗すると,ニコマクス・フラウィアヌスを中心とするイタリアの異教勢力と同盟したため,彼とテオドシウスの戦いは宗教戦争の様相を帯びた。394年9月イタリア北東部のフリギドゥス河畔でテオドシウス軍と会戦し,アルボガストと共に敗死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

エウゲニウス【Eugenius】

(三世)(?~1153) ローマ教皇(在位1145~1153)。イタリアのピサの人。ローマ市会と対立しローマを追われる。フランスに滞在中、第二次十字軍を計画。
(四世)(1383~1447) ローマ教皇(在位1431~1447)。イタリア人。バーゼル公会議で教皇の権威を主張したため、一時対立教皇を立てられたが、のち復権。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエウゲニウスの言及

【ローマ】より

…前者の代表はローマ元老院議員シンマクスであり,後者の代表はミラノ司教アンブロシウスであった。392年,フランク人出身ローマ軍司令官アルボガストを後ろ盾に,ウァレンティニアヌス2世(在位375‐392)を除去してローマに蜂起したエウゲニウスの簒奪(在位392‐394)は,テオドシウスによって鎮圧された。
[西ローマ帝国とその滅亡(395‐476)]
 テオドシウスの死(395)後,帝国の東半分をその長男アルカディウス(在位383‐408)が,西半分を次男ホノリウス(在位393‐423)が分治した。…

※「エウゲニウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エウゲニウスの関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone