コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウゲニウス エウゲニウスEugenius, Flavius

4件 の用語解説(エウゲニウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウゲニウス
エウゲニウス
Eugenius, Flavius

[生]?
[没]394
ローマ帝国の帝位僭称者 (392~394) 。ローマで修辞学を教え,392年フランク族の将軍アルボガストにより帝位に推戴された。異教の復興をはかったが,394年東方のテオドシウス1世によってアルボガストとともにフリギドゥス河岸の戦いに敗れ,殺された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エウゲニウス(Eugenius)

ローマ教皇の名。
(3世)[?~1153]在位1145~1153。第二次十字軍を起こした。
(4世)[1383~1447]在位1431~1447。バーゼル宗教会議と抗争してローマを追われ、退位。のち復帰。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

エウゲニウス【Flavius Eugenius】

?‐394
ローマ帝国の簒奪帝。在位392‐394年。修辞学の教師でシンマクスの友人。ウァレンティニアヌス2世の死後,フランク人将軍アルボガストにより帝位に擁立される。自身は一応キリスト教徒であったが,テオドシウス1世の承認を得ることに失敗すると,ニコマクス・フラウィアヌスを中心とするイタリアの異教勢力と同盟したため,彼とテオドシウスの戦いは宗教戦争の様相を帯びた。394年9月イタリア北東部のフリギドゥス河畔でテオドシウス軍と会戦し,アルボガストと共に敗死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

エウゲニウス【Eugenius】

(三世)(?~1153) ローマ教皇(在位1145~1153)。イタリアのピサの人。ローマ市会と対立しローマを追われる。フランスに滞在中、第二次十字軍を計画。
(四世)(1383~1447) ローマ教皇(在位1431~1447)。イタリア人。バーゼル公会議で教皇の権威を主張したため、一時対立教皇を立てられたが、のち復権。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のエウゲニウスの言及

【ローマ】より

…前者の代表はローマ元老院議員シンマクスであり,後者の代表はミラノ司教アンブロシウスであった。392年,フランク人出身ローマ軍司令官アルボガストを後ろ盾に,ウァレンティニアヌス2世(在位375‐392)を除去してローマに蜂起したエウゲニウスの簒奪(在位392‐394)は,テオドシウスによって鎮圧された。
[西ローマ帝国とその滅亡(395‐476)]
 テオドシウスの死(395)後,帝国の東半分をその長男アルカディウス(在位383‐408)が,西半分を次男ホノリウス(在位393‐423)が分治した。…

※「エウゲニウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

エウゲニウスの関連キーワード大雪の被害と市民生活への影響グアダラハラ西燕前秦ティケット・トゥ・ライドコルトステオポンポスグレゴリウス

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone