コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオドシウス1世 テオドシウスいっせいTheodosius I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオドシウス1世
テオドシウスいっせい
Theodosius I

[生]347. ヒスパニア,カウカ
[没]395.1.17. メディオラヌム
ローマ皇帝 (在位 379~395) 。大帝と尊称される。有能な軍人だった父が処刑されたのち故郷にいたが,グラチアヌス帝に招かれ,379年共治帝としてローマ帝国東方を支配することとなった。 382年ゴート人と条約を結び,兵力提供を条件に彼らの帝国領内への定着と自治を認めた。 387年にはイタリアの反乱者マクシムスを破って,ウァレンチニアヌス2世に西方統治をゆだねた。 380年キリスト教に帰依し,392年これを国教とし,異端アリウス派を弾圧,大神官職を廃し,オリュンピア競技も禁止した。 389年マクシムスの乱鎮圧後ローマに入るが,翌年多数の処刑者を出して聖アンブロシウスの怒りを買った。 392年西方帝ウァレンチニアヌス2世が急死すると,フランク人アルボガストが反乱を起したが,これを破り帝国を統一した (394) 。死後帝国は息子のアルカディウスホノリウスにより東西に分割された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テオドシウス1世の関連キーワードサンパオロフォーリレムーラ大聖堂グレゴリオス[ナジアンゾスの]コンスタンティノープル公会議ウァレンティニアヌス[2世]ウァレンティニアヌス[1世]ガッラプラチーディア廟墓ガッラガッラ・プラキディアガラ・プラキディアウマイヤドモスクテオドシウス朝テミスティオスアタウルフスエウゲニウスプラキディア万国民の教会西ローマ帝国バールベックスティリコシンマクス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android