テオドシウス1世(読み)テオドシウスいっせい(英語表記)Theodosius I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオドシウス1世
テオドシウスいっせい
Theodosius I

[生]347. ヒスパニア,カウカ
[没]395.1.17. メディオラヌム
ローマ皇帝 (在位 379~395) 。大帝と尊称される。有能な軍人だった父が処刑されたのち故郷にいたが,グラチアヌス帝に招かれ,379年共治帝としてローマ帝国東方を支配することとなった。 382年ゴート人と条約を結び,兵力提供を条件に彼らの帝国領内への定着と自治を認めた。 387年にはイタリアの反乱者マクシムスを破って,ウァレンチニアヌス2世に西方統治をゆだねた。 380年キリスト教に帰依し,392年これを国教とし,異端アリウス派を弾圧,大神官職を廃し,オリュンピア競技も禁止した。 389年マクシムスの乱鎮圧後ローマに入るが,翌年多数の処刑者を出して聖アンブロシウスの怒りを買った。 392年西方帝ウァレンチニアヌス2世が急死すると,フランク人アルボガストが反乱を起したが,これを破り帝国を統一した (394) 。死後帝国は息子のアルカディウスホノリウスにより東西に分割された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android