リシマコス(読み)りしまこす(英語表記)Lysimachos

  • 前361―前281

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレクサンドロス大王の部将で、大王没後はトラキア王(前323~前281)、マケドニア王(前286~前281)。大王の没後、諸将と合従連衡を繰り返してそのつど中心勢力(ペルディッカス、ポリペリコン、アンティゴノス1世)を共同で倒しつつ、かつ相互に拮抗(きっこう)し、ディアドコイ戦争を展開。最強の兵力を誇った。その間、紀元前305年マケドニア王を宣し、ガリポリ半島の地に己の名を冠したリシマキアを建都した。圧政で人心を失い、また晩年エジプト王プトレマイオス1世の娘アルシノエ(2世)をも妃に迎えて家内の紛糾を招き、前281年2月小アジア西部クルペディオンでシリア王セレウコス1世に敗死した。

[金澤良樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android