コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リシュリュー川 リシュリューがわRichelieu River

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リシュリュー川
リシュリューがわ
Richelieu River

カナダ,ケベック州南東部を北流する川。カナダアメリカ合衆国の国境にまたがるシャンプレーン湖から流出し,北方 120kmのソレルセントローレンス川に注ぐ。全長 120km。1609年フランスの探検家サミュエル・ド・シャンプランが発見し,1642年フランスの宰相リシュリューにちなんで命名された。フランスとイギリスの植民地抗争では,攻撃ルートとしてたびたび利用された。その後は,木材搬出や漁業に利用されたが,一部に運河や閘門が設けられ,モントリオールニューヨークを結ぶ重要な輸送路となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リシュリュー川の関連キーワードシャンプレーン[湖]サンジャン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android