リダイヤル(読み)りだいやる

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

リダイヤル

直前にかけた電話番号にもう一度電話すること。パソコン通信やインターネットに接続する場合、アクセスポイントが話中のとき通信ソフトからリダイヤルの間隔と回数を指定できる。ATコマンドでは直前に実行したコマンドの再実行である「A/」を利用する。通信ソフトで自動的にリダイヤルを行なうときは、電気通信事業法の端末設備規則により、最初のダイヤル発信から3分間に2回までと定められている。モデムのなかには3回以上リダイヤルを行なおうとすると「DELAYED」というリザルトコードが表示されて発信待機状態になるものがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる