コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リチャードソンの式 Richardson's equation

法則の辞典の解説

リチャードソンの式【Richardson's equation】

熱電子放出の電流密度について最初に導かれた式で

である.その後ダッシュマンやゾンマーフェルトが導出した式(リチャードソン‐ダッシュマンの式*)では AT1/2 のところが AT2 となっているが,これは電子の分布を表すのに,フェルミ‐ディラック分布を使わずに,マクスウェル‐ボルツマン分布を使ったためである.もっとも実際の場合には指数関数部の寄与が格段に大きいので,ここの T の項の差異はほとんど利かない.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典内のリチャードソンの式の言及

【電子放出】より

…熱電子放出はいわば電子の“蒸発”現象としてとらえることができる。熱電子の電流密度Jは,リチャードソンの式, JA(1-γ)T2exp(-Φ/kT)によって求められる。ここでAは定数,γは電子の表面障壁の透過係数,kはボルツマン定数,Tは絶対温度であり,Φは仕事関数で,いわば電子蒸発の潜熱にあたるものである。…

※「リチャードソンの式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リチャードソンの式の関連キーワードリチャードソン‐ダッシュマンの式熱電子放出

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android