コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電流密度 デンリュウミツド

デジタル大辞泉の解説

でんりゅう‐みつど〔デンリウ‐〕【電流密度】

電流の方向に垂直な単位面積を毎秒流れる電気量

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電流密度
でんりゅうみつど

電流の空間的な流れを記述する基本量。電流の空間的な流れは、各点において、流れの向きと流れの強さで記述される。流れの強さは流れの向きに垂直な面を通って、単位面積当りに流れる電流の強さである。電流密度とは電流の強さを大きさとし、電流の向きを向きとするベクトルで、単位はA/m2である。一つの面(曲面でもよい)を通って流れる全電流は次のように計算する。に示すように、まず、面を微小な面に分割する。この各微小面を通して流れる電流を積算する。各微小面において、電流密度Jの面の法線方向の成分をJnとする。これに、微小面の面積を掛けたもの、すなわちIJnSが、その微小面を通して流れる電流である。[山口重雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の電流密度の言及

【電流】より

…また,電流の向きは正の電荷の流れる向きと約束する。電流が広い電解質や導体の中で分布しているときは電流密度が用いられる。これは単位面積の断面を通って流れる電流であり,その大きさはA/m2の単位で測る。…

※「電流密度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

電流密度の関連キーワードマクスウェル‐ヘルツの電磁方程式ギンツブルク‐ランダウの方程式アンペール‐マクスウェルの法則マクスウェル応力テンソルケルヴィンの表皮効果マクスウェルの方程式リチャードソンの式ゲルマニウム整流器マクスウェルの応力アルゴンレーザータウンゼンド放電電磁ポテンシャルピパード方程式MKSA単位系四元ベクトル電流磁気効果オームの法則溶融塩電解法電荷保存則熱電子放出

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android