コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電流密度 デンリュウミツド

2件 の用語解説(電流密度の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

でんりゅう‐みつど〔デンリウ‐〕【電流密度】

電流の方向に垂直な単位面積を毎秒流れる電気量

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電流密度
でんりゅうみつど

電流の空間的な流れを記述する基本量。電流の空間的な流れは、各点において、流れの向きと流れの強さで記述される。流れの強さは流れの向きに垂直な面を通って、単位面積当りに流れる電流の強さである。電流密度とは電流の強さを大きさとし、電流の向きを向きとするベクトルで、単位はA/m2である。一つの面(曲面でもよい)を通って流れる全電流は次のように計算する。に示すように、まず、面を微小な面に分割する。この各微小面を通して流れる電流を積算する。各微小面において、電流密度Jの面の法線方向の成分をJnとする。これに、微小面の面積を掛けたもの、すなわちIJnSが、その微小面を通して流れる電流である。[山口重雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の電流密度の言及

【電流】より

…また,電流の向きは正の電荷の流れる向きと約束する。電流が広い電解質や導体の中で分布しているときは電流密度が用いられる。これは単位面積の断面を通って流れる電流であり,その大きさはA/m2の単位で測る。…

※「電流密度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

電流密度の関連キーワード磁力線熱伝導フーリエの熱伝導の法則フレミングの法則ポアズ放射エネルギーポインティングベクトルコルビノ効果ソーンケの法則横磁気抵抗効果

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電流密度の関連情報