コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リッサの海戦 リッサのかいせんNaval Battle of Lissa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リッサの海戦
リッサのかいせん
Naval Battle of Lissa

プロシア=オーストリア戦争中の 1866年7月 22日,アドリア海のリッサ島付近で,プロシアと結んだイタリア艦隊と,オーストリア艦隊とが行なった海戦。当時イタリアは国家統一の途上にあり,オーストリアからベネチア手に入れるため,プロシアと同盟していた。ピサーノの率いるイタリア艦隊は 34隻8万 6000tで,W.テーゲットホフ司令下のオーストリア艦隊 27隻7万 5000tよりも優勢であった。しかしイタリア海軍は,素質,訓練ともに老大国のオーストリア艦隊に劣っていたため,リッサ海戦はイタリアの敗北に終った。しかし,同盟国のプロシア軍がケーニヒグレーツの戦いでオーストリア軍を破ったので,講和が成り,イタリアは宿願のベネチアを手に入れた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

リッサの海戦の関連キーワード英学池内蔵太海保漁村カッテンデイケ木下逸雲吉良仁吉小島紋次郎シーボルトニール山県太華