リッサの海戦(読み)リッサのかいせん(英語表記)Naval Battle of Lissa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「リッサの海戦」の解説

リッサの海戦
リッサのかいせん
Naval Battle of Lissa

プロシア=オーストリア戦争中の 1866年7月 22日,アドリア海のリッサ島付近で,プロシアと結んだイタリア艦隊と,オーストリア艦隊とが行なった海戦。当時イタリアは国家統一の途上にあり,オーストリアからベネチアを手に入れるため,プロシアと同盟していた。ピサーノの率いるイタリア艦隊は 34隻8万 6000tで,W.テーゲットホフ司令下のオーストリア艦隊 27隻7万 5000tよりも優勢であった。しかしイタリア海軍は,素質,訓練ともに老大国のオーストリア艦隊に劣っていたため,リッサ海戦はイタリアの敗北に終った。しかし,同盟国のプロシア軍がケーニヒグレーツの戦いでオーストリア軍を破ったので,講和が成り,イタリアは宿願のベネチアを手に入れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android