宿願(読み)しゅくがん

精選版 日本国語大辞典「宿願」の解説

しゅく‐がん ‥グヮン【宿願】

〘名〙
① 仏語。前世におこした願い。〔観無量寿経〕
② 以前から神仏にかけておいた願い事。また、かねての願望。年来の希望。宿望。すくがん。
※権記‐長保元年(999)一一月一五日「雖宿、依仰事、不遂果
※平家(13C前)一〇「おなじくはこれにて出家して、火のなか水の底へもいらばやとおもふ也。ただし熊野へまゐらんとおもふ宿願あり」 〔隋書‐張衡伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「宿願」の解説

【宿願】しゆくがん(ぐわん)

前からの願い。宿志。晋・陸機〔思帰〕兵革の未だ息(や)まざるを懼れ、宿願(たが)ふことり。懷歸の思ひ、としてす。

字通「宿」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の宿願の言及

【本願】より

…その願いごとが弘(ひろ)いという意味で本弘(ほんぐ)誓願,略して弘誓(ぐぜい),弘願(ぐがん)ともいう。また因願(菩薩が仏になるための因としての行を修めている間におこした願の意),宿願などとも称する。すべての仏・菩薩に共通する一般的な総願と,それぞれの仏・菩薩が独自の目的でおこした固有の別願とがある。…

※「宿願」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android