コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素質 そしつdisposition

翻訳|disposition

6件 の用語解説(素質の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

素質
そしつ
disposition

精神的身体的特性のうち,遺伝的生来的に規定されると考えられる部分のこと。個人の精神的身体的発達は,受精卵のもつ特質,出生までの母胎内の環境,出生時の状況,出生まもない時期の環境,その後の個人的経験が,各時点で相互作用しながら進むと考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そ‐しつ【素質】

生まれつきもっている性質。
「其品行の―は決して悪性なるに非ず」〈福沢文明論之概略
将来すぐれた能力が発揮されるもととなる性質や能力。「音楽家としての素質恵まれる

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

素質【そしつ】

個体が生まれながらにそなえている諸機能の身体的あるいは精神的反応傾向。前者を体質,後者を気質として区別することもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

素質

 体質,素因ともいう.生まれつきもっている性質,将来機能を発現する基盤となる遺伝的特性,もしくは機能障害を起こす可能性のある遺伝的特性などをまとめていう.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そしつ【素質 disposition】

個人が先天的に持っている機能の身体的ないし精神的反応傾向のこと。このうち身体的反応傾向を体質と呼び,精神的反応傾向を気質と呼ぶ。一般的に素質は環境の対立概念として用いられてきた。しかし個々の現象が形成される過程,つまり遺伝子型の物質的基礎から出発し,環境とのさまざまな相互作用を経て最終的な表現型に至る分化・発達の機構が明らかになれば,いずれは変容あるいは消失する概念である。【飯田 真】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

そしつ【素質】

持って生まれた性質。
将来あるものになるのに必要な能力や性質。 「恵まれた-の持ち主」
〔「素」は白色の意〕 白色の地質。生地の白いこと。特に、女性の白い肌。 「 -は四徳と永く滅びたり/万葉集 七九四詞

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

素質の関連情報