コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素質 そしつdisposition

翻訳|disposition

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

素質
そしつ
disposition

精神的身体的特性のうち,遺伝的生来的に規定されると考えられる部分のこと。個人の精神的身体的発達は,受精卵のもつ特質,出生までの母胎内の環境,出生時の状況,出生まもない時期の環境,その後の個人的経験が,各時点で相互作用しながら進むと考えられる。したがって生後の精神的身体的機能の素質面は確認することができない。なお身体的なものについては体質という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そ‐しつ【素質】

生まれつきもっている性質。
「其品行の―は決して悪性なるに非ず」〈福沢文明論之概略
将来すぐれた能力が発揮されるもととなる性質や能力。「音楽家としての素質に恵まれる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

素質【そしつ】

個体が生まれながらにそなえている諸機能の身体的あるいは精神的反応傾向。前者を体質,後者気質として区別することもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

素質

 体質,素因ともいう.生まれつきもっている性質,将来機能を発現する基盤となる遺伝的特性,もしくは機能障害を起こす可能性のある遺伝的特性などをまとめていう.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そしつ【素質 disposition】

個人が先天的に持っている機能の身体的ないし精神的反応傾向のこと。このうち身体的反応傾向を体質と呼び,精神的反応傾向を気質と呼ぶ。一般的に素質は環境の対立概念として用いられてきた。しかし個々の現象が形成される過程,つまり遺伝子型の物質的基礎から出発し,環境とのさまざまな相互作用を経て最終的な表現型に至る分化・発達の機構が明らかになれば,いずれは変容あるいは消失する概念である。【飯田 真】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そしつ【素質】

持って生まれた性質。
将来あるものになるのに必要な能力や性質。 「恵まれた-の持ち主」
〔「素」は白色の意〕 白色の地質。生地の白いこと。特に、女性の白い肌。 「 -は四徳と永く滅びたり/万葉集 七九四詞

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

素質の関連キーワード瑠璃も玻璃も照らせば光る長袖善く舞い多銭善く商う上知と下愚とは移らず瑠璃の光も磨きがら機に因りて法を説く瑠璃の光も磨きからアプティテュード一切衆生悉有仏性テンペラメントリーダーシップロンブローゾ賦稟・賦禀楢崎浅太郎資稟・資禀善巧方便特異体質個別学習筋が悪い適性検査対機説法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

素質の関連情報