リップスティック

デジタル大辞泉 「リップスティック」の意味・読み・例文・類語

リップスティック(lipstick)

棒状口紅。古くは棒口紅・棒紅などと呼んだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「リップスティック」の意味・読み・例文・類語

リップ‐スティック

  1. 〘 名詞 〙 ( [英語] lipstick ) 棒状になっている口紅。紅棒。棒紅。〔アルス新語辞典(1930)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス 「リップスティック」の解説

リップスティック

日本テレビドラマ放映はフジテレビ系列(1999年4月~6月)。全12回。脚本:野島伸司。音楽:吉俣良。出演:三上博史、広末涼子、いしだ壱成、窪塚洋介ほか。不良少女と法務教官の恋愛を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典(旧版)内のリップスティックの言及

【口紅】より

…唇を美しく彩り,輪郭をととのえると同時に,唇の荒れを防ぐための化粧品。古くは植物性の染料をそのまま使っていたが,現代では主として色素(顔料,染料)を油脂と蠟との混融基剤に混和したものを棒状にした棒紅(ぼうべに)(リップスティック)と,容器に流し込んだ練紅(ねりべに)とがある。古代エジプトやメソポタミアでは,唇や頰は赤色黄土やヘンナベニバナ(紅花)からとった染料で彩っていた。…

※「リップスティック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android