広末涼子(読み)ひろすえ りょうこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広末涼子 ひろすえ-りょうこ

1980- 平成時代の女優。
昭和55年7月18日神奈川県生まれ。高知県に育ち,平成6年中学2年のときCMオーディションに優勝して芸能界デビュー。「20世紀ノスタルジア」で映画デビューし,10年毎日映画コンクール新人賞などを受賞。12年「鉄道員(ぽっぽや)」で日本アカデミー賞優秀助演女優賞。21年「おくりびと」で日本アカデミー賞優秀主演女優賞。25年「鍵泥棒のメソッド」でブルーリボン賞助演女優賞,日本アカデミー賞優秀助演女優賞。他の主演作に「秘密」「ゼロの焦点」など。テレビ,舞台でも活躍。早大中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説

広末 涼子


芸名
広末 涼子

性別
女性

生年月日
1980/07/18

星座
かに座

干支
申年

血液型
O

出身地
高知県

身長
161cm

デビュー年
1994

靴のサイズ
23.5cm

職種
タレント・俳優・女優

プロフィール
第一回クレアラシル「ぴかぴかフェイスコンテスト」でグランプリを獲得し、イメージキャラクターとしてデビューする。CM『NTTドコモ「ポケベル」』では、社会現象となるほどの注目を集め、一躍トップアイドルになる。歌手活動も行い、『MajiでKoiする5秒前』『大スキ!』等が大ヒット。その後も活動の幅は拡がり続け、女優としても数々の賞を受賞し、最近ではその演技力が高い評価を受けている。2008年、出演した映画『おくりびと』が第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞。

デビュー作
CM『P&G』

代表作品
映画『おくりびと』(2008) / 映画『はなちゃんのみそ汁』(2016) / TBS『ウロボロス~この愛こそ、正義。』(柏葉結子役)(2015)

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広末涼子の関連情報