コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リバプール・マンチェスター鉄道 リバプールマンチェスターてつどう

1件 の用語解説(リバプール・マンチェスター鉄道の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リバプールマンチェスターてつどう【リバプール・マンチェスター鉄道】

世界で最初に蒸気機関車が一般の乗客を運んだ鉄道。1830年9月15日,イギリス中部の工業都市マンチェスターと港町リバプールの間に開通した。この鉄道より5年早く開通したストックトン・ダーリントン鉄道は世界最初に蒸気機関車を使った公共鉄道として名高いが,蒸気機関車は貨車を牽引するだけで,客車は馬が引っぱった。蒸気機関車を使い,旅客と貨物の両方を運ぶ本格的な鉄道はこの鉄道が最初である。G.スティーブンソンが製作したロケット号のひく処女列車は約50kmの区間を4時間半かかって走った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のリバプール・マンチェスター鉄道の言及

【イギリス】より

…諸外国ではしばしば鉄道建設が産業革命の出発点となったが,イギリスでは終着点となり,産業革命のいわば総仕上げとなった。鉄道実験時代に終止符を打ち,真の鉄道時代を開いたのは1830年に開通したリバプール・マンチェスター鉄道であった。同鉄道の企業的成功がもたらした熱狂的な鉄道投資は,世紀半ばまでに現代のイギリスの鉄道幹線網を完成させて,ロンドンを中部・北部の工業都市をはじめとする全国主要都市と連結し,他方では株式会社組織によるビッグ・ビジネスと証券市場の発達に大きな刺激を与えた。…

【鉄道】より

…当初は,機関車は危険視され,旅客列車は馬が引くことにされていた。しかしリバプール・マンチェスター鉄道では,開業にあたって蒸気機関車の採用を決定,29年数両の機関車による懸賞競走をリバプールの近くのレーンヒルで実施した。この競走でスティーブンソンのロケット号が優勝し,30年彼の機関車によってこの鉄道は開業した。…

※「リバプール・マンチェスター鉄道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone