名士(読み)めいし

精選版 日本国語大辞典「名士」の解説

めい‐し【名士】

〘名〙 すぐれた名高い人物。の中に名を知られている人。著名な人。
※三国伝記(1407‐46頃か)九「彼れ天下の名士なる間、これを害せば人多く毀(そしる)べしと思ひ」
※史記抄(1477)一二「諸侯の下にある名士どもの財宝を以てつりよせつべき者には物をやりて結之ぞ」 〔礼記‐月令〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「名士」の解説

めい‐し【名士】

世の中に名を知られている人。
[類語]著名人選良エリート

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「名士」の解説

【名士】めいし

名声ある人。〔後漢書、方術伝上論〕世の謂(いはゆる)名士なるは、其の風知るべし。~依倚(いい)し、以て其の聲價に就くのみ。

字通「名」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android