コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リバー リバー Ribā

2件 の用語解説(リバーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リバー
リバー
Ribā

イスラム法における高利。本来の意味は増加をいい,イスラム法の高利の概念は広義に解釈され,反対給付なしに得られる,すべての利益に適用され,単に信用利子問題のみらならず,不当代償請求一般にも適用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リバー(river)

川。河川。「―フロント

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のリバーの言及

【高利貸】より

…公定利率は月に1ディーナールにつき1ディルハムで,月利約6分7厘,年利約8割であったが,時代の推移と借入条件によって大きく変動している。それはコーランで禁止している不労所得にもとづく〈リバー(利子)〉ではなく,資本委託によって得られる〈利潤(ムガーバナ)〉であるとする解釈によって許容されたものである。しかし民間流通市場における利率は,公定利率とは異なり,複利計算によって利息が加速度的に増大し,借入元金1ディーナールが9年目には500ディーナールを超過するに至る事例がある。…

【利子】より

…しかし南宋の袁采は,質屋の利息は月利2~4分,借金月利3~5分,穀物1熟3~5割が常識であるのに,質屋で月利1割,江西で1貫文を貸して1年後に元利計2貫文,浙江の奥地で1秤の稲を貸して1熟で2秤と年利10割を取る者,1石の米を貸して1石8斗を取る者がいる,と実情を述べ,元代でも1期に5~10割の利を取り,不払いのとき元利を合わせて次年にまた利を取った例もある。【斯波 義信】
[イスラム社会]
 アラビア語ではリバーribā’と呼ばれ動詞rabā(増殖する)より派生し,〈増殖〉を原義とするが,転じて〈(資本主の)不当増殖〉〈高利〉〈利子〉を指す語である。ただし,イスラム法における利子の概念は西洋のそれよりも広い意味内容をもち,売手と買手の間における,給付に対する正当な反対給付ではなく,不労所得として得られる利益のすべてに適用される。…

※「リバー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リバーの関連キーワードザカートジハードシャハトスクークイスラム法と婚姻ソマリアのイスラム法廷イスラム系政党ゴルトツィーハーダール・アルイスラームファキール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リバーの関連情報