コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反対給付 ハンタイキュウフ

デジタル大辞泉の解説

はんたい‐きゅうふ〔‐キフフ〕【反対給付】

売買などの双務契約で、一方の給付に対して対価の意味をもつ他方の給付。例えば、売り主の目的物の給付に対する買い主の代金支払いの給付など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はんたいきゅうふ【反対給付】

一方の給付に対する他方の給付。例えば売り主にとっては代金が、買い主にとっては売買の目的物が反対給付。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の反対給付の言及

【給付】より

…法律的にいえば,債務の目的(内容)である債務者の行為を指すことになる。買主の給付に対し売主が売買目的物を買主に引き渡すべき給付を反対給付という。給付は,積極的に債務者が一定の行為をする作為給付だけでなく,境界線から1m内には建物を建築しないというような,一定の行為をしない不作為給付をも含む。…

※「反対給付」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

反対給付の関連キーワードアメリカ=スペイン軍事協定経常移転・資本移転特徴的給付の理論梶取(かじとり)ゲゼルシャフト国民可処分所得ベンディクセン引換給付判決贈与(法律)最恵国待遇生命保険料農業労働者保険の用語危険負担桂園時代普通保険財政政策資本移転一般会計社会保険

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android