反対給付(読み)ハンタイキュウフ

デジタル大辞泉の解説

はんたい‐きゅうふ〔‐キフフ〕【反対給付】

売買などの双務契約で、一方の給付に対して対価の意味をもつ他方の給付。例えば、売り主の目的物の給付に対する買い主の代金支払いの給付など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はんたいきゅうふ【反対給付】

一方の給付に対する他方の給付。例えば売り主にとっては代金が、買い主にとっては売買の目的物が反対給付。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はんたい‐きゅうふ ‥キフフ【反対給付】

〘名〙 双務契約で、一方の給付に対する他方の給付をいう。たとえば、売買契約において、売主の目的物引渡の給付に対する買主の代金支払の給付など。
※民事訴訟法(明治二二年)(1889)三八二条「申請者反対給付を為すに非ざれは其請求を主張することを得ざるとき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の反対給付の言及

【給付】より

…法律的にいえば,債務の目的(内容)である債務者の行為を指すことになる。買主の給付に対し売主が売買目的物を買主に引き渡すべき給付を反対給付という。給付は,積極的に債務者が一定の行為をする作為給付だけでなく,境界線から1m内には建物を建築しないというような,一定の行為をしない不作為給付をも含む。…

※「反対給付」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

反対給付の関連情報