コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リビングストン滝 リビングストンタキ

デジタル大辞泉の解説

リビングストン‐たき【リビングストン滝】

Livingstone Falls》コンゴ民主共和国西部、コンゴ川下流にかかる滝の総称。首都キンシャサから下流約350キロメートルのマタディまでの30余りの急流部を指す。落差の合計は約280メートル。河川航路の妨げになるため、キンシャサ‐マタディ間は鉄道で結ばれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

リビングストン滝【リビングストンたき】

アフリカ中部,コンゴザイール)川河口近くにある急流の総称。コンゴ民主共和国のキンシャサ〜マタディ間(約350km)にある32の急流からなる。落差の合計約260m。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リビングストンたき【リビングストン滝 Livingstone Falls】

アフリカ中部,コンゴ川下流の急流部。コンゴ民主共和国(旧,ザイール)の首都キンシャサの臨むスタンリー・プールから下流,コンゴ構造盆地の縁の一部であるクリスタル山地を刻む約350kmの部分を総称する。この部分には瀞部も含まれるが,30をこえる急流があり,階段状に低下するため,落差は合計して260mにおよぶ。このため,舟運上の大障害となり,河口部のマタディ~キンシャサ間は南東側を迂回する鉄道で結ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リビングストン滝
りびんぐすとんたき
Chutes de Livingstone

アフリカ中部、コンゴ民主共和国(旧ザイール)のコンゴ(ザイール)川下流にかかる32の滝の総称。首都キンシャサと河口近くの港湾都市マタディの間の約350キロメートルの区間で、およそ275メートル落下する。1877年、スタンリーが船で通過することに成功した。外洋船はマタディまでしか入航できず、キンシャサとの間は鉄道で連絡している。マタディの上流にあるインガ滝にインガ・ダムが建設されている。[中村和郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リビングストン滝の関連キーワードコンゴ[川]Congo

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android