コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リフ島 リフとう Île Lifou

2件 の用語解説(リフ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リフ島
リフとう
Île Lifou

太平洋南西部,フランスニューカレドニアロワヨテ諸島最大のサンゴ島。土地は肥沃であるが水が不足。タロイモヤムイモバナナを産し,コプラを輸出する。面積 1196km2。人口 8726 (1989推計) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リフ島
りふとう
Lifou

太平洋南西部、ニュー・カレドニア島の東にあるロアヨーテ諸島の主島。南北60キロメートル、東西50キロメートル、面積1150平方キロメートル、人口9614(1996)。フランス海外領のニュー・カレドニアに所属する。島の南部で石灰岩を産出する。東岸のウェWeが行政中心地だが、町としては西岸サンダルのシエペネエChepeneheのほうが大きい。イギリス系のプロテスタント教会とフランス系のカトリック教会が宣教を競い合ったところで、ナタロNathaloのカトリック大聖堂は村の少ない人口に不つり合いなほど大きく豪華なもの。なお、同音のよしみで宮城県利府町が1980年(昭和55)姉妹都市提携をして青年の農業技術交流を始めた。[大島襄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフ島の関連キーワードニューカレドニアフランス領ポリネシア南太平洋委員会南太平洋フォーラムヌーメアニューカレドニア国際マラソンニューカレドニア[島]ニューヘブリデス[諸島]ローヤルティ[諸島]フランスの海外領土