コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リブニク Rybnik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リブニク
Rybnik

ポーランド南部,シロンスキェ県の都市。カトウィツェ南西約 40km,ルダ川支流ナツィナ川沿いに位置する。 1532年までシロンスク・ピアスト家領,以後ハプスブルク家領となり,1742年にプロシアに譲渡された。 19世紀に炭鉱が開かれ (→シロンスク炭田 ) 工業化が進み,それまで人口 1000人足らずの寒村が急速に発展。 1921年以後はポーランド領。炭鉱,発電所のほか金属,機械,食品加工などの工場が立地する。人口 14万 2731 (2002) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リブニクの関連キーワードヘンリク・ミコワイ グレツキグレツキ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android