コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リモナーデ剤 リモナーデざい lemonade

翻訳|lemonade

1件 の用語解説(リモナーデ剤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リモナーデ剤
リモナーデざい
lemonade

元来レモン果実をしぼって得た果汁に砂糖と水を加えて製したもので,レモネードともいう。医療用としては糖分を含有する酸性澄明な内用液剤の通称である。通例,用いられる酸としては,無機酸では塩酸 (0.5~1.0%) ,リン酸 (1%) ,有機酸ではクエン酸 (0.5%) ,酒石酸 (0.5%) ,乳酸 (1.0%) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リモナーデ剤の関連キーワード膏血を絞るスクイーザー梨酒柚酢レモネード濃縮果汁瀬戸内レモンウォーター三ツ矢サイダー スーパーレモン実のある果汁 ぎゅっと搾ったレモンレモンのつぼ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone