リモナーデ剤(読み)リモナーデざい(英語表記)lemonade

翻訳|lemonade

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リモナーデ剤
リモナーデざい
lemonade

元来レモン果実をしぼって得た果汁に砂糖と水を加えて製したもので,レモネードともいう。医療用としては糖分を含有する酸性澄明な内用液剤の通称である。通例,用いられる酸としては,無機酸では塩酸 (0.5~1.0%) ,リン酸 (1%) ,有機酸ではクエン酸 (0.5%) ,酒石酸 (0.5%) ,乳酸 (1.0%) がある。酸類はペプシンの蛋白消化活動を盛んにし,胃内の異常発酵を抑制する。熱性患者に適用し,止渇,清涼感を与え,食欲増進をねらう。リモナーデにワイン,含糖ペプシンを配合したものを赤酒リモナーデ,ペプシンリモナーデという。苦みのある薬品の水剤はリモナーデ剤と配合すれば服用しやすくなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android