通例(読み)つうれい

精選版 日本国語大辞典「通例」の解説

つう‐れい【通例】

〘名〙
① 世間一般のしきたり。世上のならわし。通常の例。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※私聚百因縁集(1257)三「法に劫を(つ)み道に志を抽(ぬき)んづる事は因果の道理求法の通例(ツウレイ)也」
② ごくふつうであること。一般的であること。なみ。副詞的にも用いる。
※史記抄(1477)一二「庸人とは通例の人かと思たれば、天下の名人ぢゃけるよと云ぞ」
※日本の下層社会(1899)〈横山源之〉四「通例三十銭乃至三十五銭なるは最も多く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「通例」の解説

つう‐れい【通例】

その社会での一般のならわし。通常のやり方。「世間の通例に従う」
(副詞的に用いて)一般に。通常。「通例月曜日を休館にする」
[類語](1定例慣例恒例慣行一般かた大抵普通習い習わし仕来しきた常例世の常世の習い例によって例の如し一方ひとかた尋常一様尋常一様ひと通りありきたり一般的通常平常標準標準的平均的正常当たり前並大抵ノーマルスタンダードレギュラー/(2全般に総じて概して多くおしなべておおむね大概通常一体に総体およそ・広く・遍く広い幅広い手広い広範広範囲多方面多角多面多岐さまざま各種種種諸種いろいろ多様多様化多面的多種多種多様多彩数数いろんなとりどり色とりどり諸諸もろもろ百般万般諸般多元多元的多角的横断的複眼的一般普通

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android