コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュイリヤンシャン(呂梁山)山脈 リュイリヤンシャンさんみゃくLüliang shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュイリヤンシャン(呂梁山)山脈
リュイリヤンシャンさんみゃく
Lüliang shan

中国中部,シャンシー (山西) 省西部にある北東から南西方向の山脈。西麓をホワン (黄) 河,東麓を支流のフェン (汾) 河が南流している。長さ約 400km。標高は 1500~2000m前後。主峰はタイユワン (太原) 市の西方にそびえるコワンティー (関帝) 山で,標高 2791m。山間の盆地や谷は厚い黄土層におおわれている。明末から清初にかけて大規模な農民蜂起があり,40年以上続いたことで有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リュイリヤンシャン(呂梁山)山脈の関連キーワードリュイリヤン(呂梁)地区リンフェン(臨汾)地区リーシー(離石)県フェン(汾)河

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android