リュック ベッソン

  • Luc Besson

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
映画監督,脚本家,映画プロデューサー ヨーロッパ・コープ代表

国籍
フランス

生年月日
1959年3月18日

出生地
パリ

受賞
アヴォリアッツ国際ファンタスティック映画祭審査員特別賞・批評家賞〔1983年〕「最後の戦い」,セザール賞監督賞(第23回,1997年度)〔1998年〕「フィフス・エレメント」

経歴
両親がリゾート基地“地中海クラブ”でスキューバ・ダイビングのインストラクターとして働いていたため、少年時代をユーゴスラビアとギリシャの間の海辺で過した。海に夢中になっていたが17歳の時、ダイビング中の事故のため潜ることが出来なくなり、映画に熱中するようになる。友人の紹介で撮影現場の雑用係を体験した後高校を中退。以後3年間ハリウッドやパリの撮影所で見習いとしてさまざまな技術を身につけ、助監督も経験する。その頃俳優ピエール・ジョリヴェと出会い、共同で脚本を書き、1981年ジョリヴェ主演で12分の短編「最後から2番目の男」を製作し高い評価を得て、長編化した「最後の戦い」(’82年)で監督デビュー。この映画が’83年アヴォリアッツ国際ファンタスティック映画祭で審査員特別賞、批評家賞を受賞、一躍脚光を浴びる。’88年「グラン・ブルー」は日本でもヒット。2001年映画製作会社“ヨーロッパ・コープ”を設立し、以後プロデューサーとしても精力的に活動。他の監督作品に「サブウェイ」(1985年)、「ニキータ」(’90年)、「アトランティス」(’91年)、「レオン」(’94年)、「フィフス・エレメント」(’97年)、「ジャンヌ・ダルク」(’99年)、「アンジェラ」(2005年)、「アーサーとミニモイの不思議な国」(2006年)、「アデル」(2010年)、「LUCY/ルーシー」(2014年)、製作作品に「TAXi」シリーズ(1997年〜)、「トランスポーター」シリーズ(2002年〜)、「96時間」シリーズ(2008年〜)、「キス・オブ・ザ・ドラゴン」「WASABI」「YAMAKASI」(2001年)、「ミシェル・ヴァイヨン」(2003年)、「アルティメット」(2004年)、「ダニー・ザ・ドッグ」(2005年)、「ラストミッション」(2014年)など。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android