リンガラージャ寺院(読み)リンガラージャジイン

  • リンガラージャじいん〔ジヰン〕

デジタル大辞泉の解説

Lingaraj Temple》インド中東部、オリッサ州の都市ブバネシュワルにあるヒンズー教寺院。旧市街に位置する。7世紀創建の寺院に起源し、11世紀初頭、現在見られる高さ54メートルのおよび多数の小塔が建造された。シバ神の象徴であるリンガを祭る。オリッサ地方を代表するヒンズー建築として知られる。リンガラージ寺院。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android