コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神殿の丘 シンデンノオカ

1件 の用語解説(神殿の丘の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんでん‐の‐おか〔‐をか〕【神殿の丘】

Temple Mountパレスチナ地方の古都エルサレムの旧市街にあるユダヤ教キリスト教イスラム教の聖地。ヘブライ語ハルハバイトアラビア語ハラムシャリーフ(アルハラムアルシャリーフ)。紀元前10世紀にソロモン王が最初のエルサレム神殿を建てたが、紀元前6世紀にバビロニアによって破壊。ヘロデ王時代の城壁の一部が嘆きの壁として残っている。7世紀末ウマイヤ朝時代に建てられた岩のドームや、8世紀初頭のアルアクサモスクがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神殿の丘の関連キーワードペリシテ人パレスチナ難民パレスチナ暫定自治合意PLAPLF東エルサレムパレスチナ人民連帯国際デーブレスパレットパレスチナ和平交渉国連でのパレスチナ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神殿の丘の関連情報