コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンガー液 リンガーエキ

デジタル大辞泉の解説

リンガー‐えき【リンガー液】

1882年に英国の生理学者リンガー(Sydney Ringer)が、カエルの心臓の灌流(かんりゅう)実験のために考案した、体液と同様のイオン組成・浸透圧をもつ最初の生理的塩類溶液。薬局方ではリンゲル液とよび、輸液として用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のリンガー液の言及

【リンゲル液】より

…リンガー液ともいう。イギリスの生理学者リンガーSydney Ringer(1835‐1910)が,1882年カエルの摘出心臓の灌流実験のために処方した最初の生理的塩類溶液。…

※「リンガー液」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リンガー液の関連キーワードボアソナード早稲田大学ジーモンディルクセンハルゼーフォンタネージプルーインブルリュークプレグランホイットニー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android