コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リングワンデルンク 〈ドイツ〉Ringwanderung

デジタル大辞泉の解説

リングワンデルンク(〈ドイツ〉Ringwanderung)

登山やスキーで、暗夜濃霧・吹雪などによって視界の悪い高原や雪原を歩くうちに方向を見失い、輪を描いて同じ所を繰り返し歩くこと。遭難につながる恐れがある。輪形彷徨(ほうこう)。環状彷徨。リングワンダリング
[補説]人が歩く時、左右の脚への力の掛かり方が偏ることから生じる現象。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

リングワンデルンクの関連キーワード環形彷徨

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android