コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンジャニ[山] リンジャニ

百科事典マイペディアの解説

リンジャニ[山]【リンジャニ】

インドネシア中南部,ロンボク島北側にある火山。標高3726m。東西9km,南北6.6kmの巨大なカルデラを形成。中央にスガラ・アナクの湖水をたたえる。近代でもしばしば爆発。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リンジャニ[山]【Gunung Rinjani】

インドネシア中部,小スンダ列島のロンボク島の火山。標高3726m。インドネシアの高峰の一つで,山体は全島面積の約1/3を占める。近代にもしばしば噴火した。カルデラは東西9km,南北6.6kmにわたり,中央にスガラ・アナク,スガラ・エンドゥのカルデラ湖がある。多数の河川が発源して四方に流下し,とくに南麓斜面に広い平野を形成する。【別技 篤彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android