リンジャニ[山](読み)リンジャニ

百科事典マイペディアの解説

リンジャニ[山]【リンジャニ】

インドネシア中南部,ロンボク島北側にある火山。標高3726m。東西9km,南北6.6kmの巨大なカルデラを形成。中央にスガラ・アナクの湖水をたたえる。近代でもしばしば爆発。多くの河川がこの山に発源している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リンジャニ[山]【Gunung Rinjani】

インドネシア中部,小スンダ列島のロンボク島の火山。標高3726m。インドネシアの高峰の一つで,山体は全島面積の約1/3を占める。近代にもしばしば噴火した。カルデラは東西9km,南北6.6kmにわたり,中央にスガラ・アナク,スガラ・エンドゥのカルデラ湖がある。多数の河川が発源して四方に流下し,とくに南麓斜面に広い平野を形成する。【別技 篤彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android