コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発源 ハツゲン

デジタル大辞泉の解説

はつ‐げん【発源】

[名](スル)
みなもとから川などが流れ出ること。また、そのみなもと。
物事の起こるもとをなすこと。また、そのもと。起源。
「西洋文明の各国にては此権の―唯一所に非ず」〈福沢文明論之概略

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はつげん【発源】

( 名 ) スル
川などが源から流れ出ること。また、源。起源。 「甲斐の笛吹川系と信濃より-せる釜無川系とは甲斐西八代郡市川大門村傍近に相合併して/日本風景論 重昂

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

発源の関連キーワードヤルンズアンボ[川]ブラフマプトラ[川]甲武信岳・甲武信嶽崑崙山脈・崑崘山脈リンジャニ[山]マハナディ[川]ヤムナー[川]ディグル[川]ベンハイ[川]ラウー[山]【らん】河日本風景論福建[省]大台ヶ原山ティスタ川ムシ[川]伏牛山脈桐柏山脈赤道気団赤道前線

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発源の関連情報