コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンパ球増加症 リンパきゅうぞうかしょうlymphocytosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リンパ球増加症
リンパきゅうぞうかしょう
lymphocytosis

血中あるいは他の滲出液中の正常リンパ球数の増加症。次の2種がある。 (1) リンパ球の絶対数が増加する場合 リンパ性白血病,リンパ球性反応,腸チフスやマラリアなどの急性感染症や急性中毒症の回復期,結核やリウマチなどの慢性疾患,内分泌性疾患,神経病やある種の特異体質,ビタミン欠乏症など。 (2) 白血球百分率中,リンパ球の比率が,好中性白血球 (好中球) の減少などのため相対的に高くなる場合 無顆粒細胞症,腸チフス,インフルエンザ,悪性貧血,再生不良性貧血,ベンゼン中毒,ヒ素中毒,X線やラジウムの照射後など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リンパ球増加症の関連キーワード白血球増加症

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android