コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン酸エステル化

栄養・生化学辞典の解説

リン酸エステル化

 単にリン酸化という場合が多い.有機化合物をリン酸エステルにすることで,生体では多くの生理的意義のある反応である.例えば,グルコース代謝では多くの段階で代謝中間体がリン酸エステル化されるし,細胞内情報伝達では,タンパク質中のセリントレオニン,チロシンがリン酸エステル化される反応が重要な意義をもっている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

リン酸エステル化の関連キーワードヒドロキシメチルグルタル酸CoAレダクターゼサイクリックAMP依存プロテインキナーゼグリセルアルデヒドデンプンリン酸ナトリウムエステルフルクトース2,6グリコーゲンシンターゼキナーゼセリングリコーゲンホスホリラーゼホスファチジルイノシトールタンパク質ホスファターゼイノシトールトリスリン酸ピリドキシン5'リン酸グリコーゲン合成酵素アダプタータンパク質5'リボヌクレオチドアデニル酸シクラーゼプロテインキナーゼCグルコース6ピリドキシンキナーゼサイクリックAMP

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android