コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン酸エステル化

栄養・生化学辞典の解説

リン酸エステル化

 単にリン酸化という場合が多い.有機化合物をリン酸エステルにすることで,生体では多くの生理的意義のある反応である.例えば,グルコース代謝では多くの段階で代謝中間体がリン酸エステル化されるし,細胞内情報伝達では,タンパク質中のセリントレオニン,チロシンがリン酸エステル化される反応が重要な意義をもっている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

リン酸エステル化の関連キーワードヒドロキシメチルグルタル酸CoAレダクターゼサイクリックAMP依存プロテインキナーゼグリセルアルデヒドデンプンリン酸ナトリウムエステルグリコーゲンシンターゼキナーゼフルクトース2,6セリンホスファチジルイノシトールグリコーゲンホスホリラーゼイノシトールトリスリン酸タンパク質ホスファターゼピリドキシン5'リン酸アデニル酸シクラーゼアダプタータンパク質プロテインキナーゼCピリドキシンキナーゼグリコーゲン合成酵素グルコース65'リボヌクレオチドサイクリックAMP

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android