リン酸エステル化

栄養・生化学辞典「リン酸エステル化」の解説

リン酸エステル化

 単にリン酸化という場合が多い.有機化合物リン酸エステルにすることで,生体では多くの生理的意義のある反応である.例えば,グルコース代謝では多くの段階で代謝中間体がリン酸エステル化されるし,細胞内情報伝達では,タンパク質中のセリン,トレオニン,チロシンがリン酸エステル化される反応が重要な意義をもっている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android