リン鉱石(読み)りんこうせき

世界大百科事典内のリン鉱石の言及

【トーゴ】より


[経済]
 1995年の1人当りGNPは310米ドルで,サハラ以南アフリカの平均(490米ドル)を下回った。トーゴ経済は伝統的に農業,サービス,リン鉱石と綿花の輸出を柱としている。GDPの構成(1995)は,アフリカの中でも特に農業のシェアが大きく,農業38%,工業21%(うち製造業9%),サービス41%となっている。…

【ナウル】より


[住民]
 人口8042人(1983年センサス)のうち,ナウル人は4964人で,キリバス人(ギルバート諸島民)とツバル人(エリス諸島民)をはじめとする太平洋諸島民が2134人,アジア人が682人,オーストラリア人・ニュージーランド人などが262人であった。外国人は政府関係,あるいはリン鉱石採掘業務に従事する人とその家族で,かつてイギリスのリン鉱会社が導入した労働者の子孫も含まれる。ナウル島における考古学および言語学の調査が十分に行われていないので,民族移動の詳細は不明である。…

※「リン鉱石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android